この人のいた団体の支持政党は?

この人のいた団体の支持政党は?


 
 このような行動や発言を繰り返した人は、かつて日教組のトップだった。その日教組は、昔は旧社会党を支持政党としていたが、現在では民主党だ。旧社会党の残党である社民党は弱体政党と成り下がってしまったので、政治力を行使するためには、大きな政党を支持した方が、より大きな影響を及ぼすことができるからだ。

 こんな発言をした日本人を許せると思うだろうか?小生は決して許すことはできない。このような人間が、子供を教える者たちのトップに君臨していた時代があった。明らかに異常な時代だった。しかし、その影響は、今でも続いているし、今後も続くだろう。

 本当にこれで良いのだろうか?こんなことを平気で言う者が属していた団体に支持されている政党が、偉そうに政権を盗ったらどうなるか・・・。日本人なら真剣に考えれば答えは出るはずだ。目先の欲望に振り回されて、後で取り返しのつかないことになったら、本当にもう戻れないかもしれない。



小生のブログ記事、2008年09月03日から


 槙枝元文氏の言動

槙枝元文氏とは?
 
元日本教職員組合(日教組)委員長
朝鮮の自主的平和統一支持日本委員会議長

北朝鮮から「親善勲章第一級」をも授与された。
    
 

  槙枝元文氏は、小生が小学生だった頃、日教組の委員長だった人で、その名前はしょっちゅうテレビニュースや新聞に登場し、小生の頭の中に刷り込まれていった。あのメガネの顔も印象的だった。

 労働者の組合ではあるが、日本の子供たちの教育をする現場教師達の組合の長として、左翼活動をしていたことは、小生も小学生ながら非常に憤りを感じ、ストライキをした担任教師に抗議さえした。

 これからの国民を育成していく大切な職種であるのにもかかわらず、その職種に従事する者の集まりが反国家的でさえあった。こんなことが平気で許されていたし、それは現在でも続いている。

 そういう活動をしていた組織の長であった槙枝元文氏の北朝鮮へに対しての言動を拾ってみた。


 
 「この国には泥棒がいない。泥棒とは富の片寄ったところに発生する。この国には泥棒の必要がないのである。泥棒も殺人犯もいないから警察官もいない。交通整理や怪我(けが)人のために社会安全員が街角や交差点に立っているだけ」

 「私は訪朝して以降、世界の中で尊敬される人物は誰ですかと聞かれると、真っ先に金日成主席の名前を挙げることにしています」

 「なぜ私が金日成主席を尊敬するようになったかというと、主席に直接お会いして、朝鮮人民が心から敬愛し、父と仰ぐにふさわしい人であることを確信したからです」

 「金日成主席と金正日総書記が二重写しになって、何の懸念もなく金正日総書記のことを信頼できるようになりました」

 「強い軍隊を率いることは国の自主性を堅持するうえで欠かせないこと」(自衛隊は否定)

 「人民のなかにはいって現地指導されている姿などをもっと積極的に共和国は報道すべきではないでしょうか。キムジョンイル総書記のすばらしさをアピールしたほうがよいと思います」

 「多くの理性的な日本人は皆、チョソン(北朝鮮)と金日成首領閣下を心から尊敬申し上げています」

 「今こそ主体思想を深めていく事が日本人の重大任務な任務であり」

 「私達訪問団は皆、社会主義の成功を目の当たりにして熱い感激に包まれて」いて 「良識ある日本人は全て偉大なる金日成同志に心から尊敬の念を持っている」



 数々の北朝鮮賛美の言動。これは非常に大きな問題だ。自由の全く無い体制である北朝鮮、外国の国民を平気で誘拐する北朝鮮、そんな国を賛美しているのだ。こういうことを言った人が、かつて子供に教育する者達を束ねていた時期もあったのだ。

 氏は拉致事件、核開発問題等、日本の国益に反したことになるとハッキリとした言動がない。北朝鮮への経済制裁反対や核実験に対する国連安保理の制裁決議への遺憾表明、朝鮮統一支持などは声高なのにだ!

 日本人の平和ボケの時代は終わったのだ。国民は全て目を覚ます必要がある。日本の周りの国家と言えば、支那、露西亜、北朝鮮、韓国、台湾だ。韓国は反日であるし、台湾も支那の工作に国家としての主体性を揺さぶり続けられている。

 残った三国、すべて軍国主義で自分達だけが正しいという主張を繰り返す連中の国なのだ。特に北朝鮮の数々の一般日本国民に対する非人道的な悪行の数々を決して許してはならない。そして、それを支持する者に対してもだ。






にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




花うさぎの「世界は腹黒い」
イザ! 水間政憲氏と映画『南京の真実』を支援するblog(ブログ)

社民党(旧社会党)を弾劾する!

社民党(旧社会党)を弾劾する!


 明日8月30日は衆議院選挙投票日だ。この選挙では政権交代が大きく報道されているが、マスコミの明らかな自民党へのネガティブキャンペーンとしか思えない報道も多いと思う。

 対立する民主党に対しては、文化人を自称するロンパリ某放送作家のような「民主党に政権を任せれば良い」などの発言を放送したり、代表や前代表秘書の政治献金問題を報道しなかったり、明らかに偏向しているとしか思えない。

 小生は誰に投票し、どの政党に投票することは決めている。明日は必ず投票所に行くだろう。しかし、過去記事にも書いてきたが、絶対に社民党だけは日本から消滅させるべきだと断言する。

 この政党は、日本という国、日本人という民族を裏切り続けた歴史があるからだ。こういう輩どもを政治の世界から消滅させるには、我々国民の1票1票の貴重な小さいけれども集まれば大きな力しかないからだ。

 


小生のブログ記事、2009年03月21日から


旧社会党(現社民党)の悪しき痕跡 再考 


 人間社会には、どんなに謝っても反省しても、絶対に許せないことがある。殺人、暴力、拉致誘拐など、人の生命や身体に危険が及ぶことだ。現在、日本海を隔てた向こう側にキチガイ国家が存在する。そのキチガイ国家の国民の一部が図々しく日本にも住んでいる。正に厚顔無恥だ。

 そのキチガイ国家は、性懲りもなく、またミサイル恫喝外交をしている。日本共産党が唯我独尊をついてきたため、旧社会党が、そのキチガイ国家と長年友好関係にあった。現在、そのほとんどは民主党に移り、残党が社民党だ。

 彼らは拉致問題を否定し続けてきた。後年、方針転換したらしいが、それは地味になるべく世間に分からせないように行っている。旧社会党の「功」もあるだろう。「第18富士山丸スパイ抑留事件」などの解決だ。それらは小生も知っている。しかし、「罪」に比べたら足元にも及ばないだろう。

 何回訪朝したか知らないが、旧社会党の連中は、金日成詣でを繰り返し、最上級の尊敬語で話し、朝鮮人より尊敬のまなざしで接していたとのことだ。その詣でが一体どんな成果をあげたのか?日本国民にとって、何か良いことがあっただろうか?下記の過去記事に上がっている政治家たちは、現在、どんな思いなのだろうか?

 北朝鮮賛美、共産主義賛美を繰り返し、実際は、独裁恐怖政治である北朝鮮というキチガイで最低な国家と国交を結ぼうと腐心し続けてきたのだ。何か見返りでもあるのだろうか?キチガイ独裁者がいる国家と結びつくと、どんな手厚い見返りがあるのだろうか?

 発射されようとしているミサイルのこと、キチガイ国家は「衛星」と言っているようだ。しかし、衛星通信電波の使用申請も無いという話だ。とにかく話がメチャクチャだ。ルールというものが存在していないのだろう。朝鮮人という民族自体、平気で横車を押す性癖をDNAで持っているに違いない。

 こんなDNAを持っているキチガイ国家を肯定し続けてきた旧社会党、そして、現在の社民党と民主党の一部の者たち。そんな政治家たちを許して良いのだろうか?のうのうと政治活動させても良いのだろうか?小生は絶対に旧社会党の連中を許すことはできない。

 衆院解散と言われ続けているが、我我国民は国益のために、つまり、自分自身の日本人としての存続のために真剣に考えなければならない。現在だけはなく、数十年後の自分や家族の生命にもかかわることだと声を大にして言う!





小生のブログ記事、2006年06月24日から


旧社会党(現社民党)の悪しき痕跡 その1


 1. 2002年(平成14年)2月15日、東京都千代田区にある朝鮮会館で行われた金正日総書記誕生祝賀会に出席したメンバーは以下の通りだ。

土井たか子前社民党党首
福島瑞穂社民党党首
村山富市元総理
槇枝元文元日教組委員長


 当時もそうだが、それ以前から拉致疑惑や対日工作のことは話題になっていた。そんな矢先にのうのうと、このようなパーティに出席している。


 2. 社民党の機関紙「社会新報」を読むと、以下のようなことが記載されていた。

 「拉致疑惑が解決しなければ、交渉に応ずるべくではないとする論調が、 まだ一部にあるが、あまりにも大局を失った議論である。拉致疑惑事件は食糧支援をさせないことを狙いとして、最近になって考え出され発表された事件

 「そもそも北朝鮮には日本人少女を拉致する理由がない。これは荒唐無稽というほかない。証拠は何一つない事件。元工作員が本当に存在するのかさえきわめてあやしいと言わざるをえない。証言そのものが創作ではないか」

 「拉致疑惑事件が韓国安企部の脚本、産経新聞の脚色によるデッチあげ朝鮮労働党はマルクス主義政党だからテロはしないはずだ。自白だけで信じる態度はおかしい。 物証がない。北の犯行というのはゲスの勘ぐりだ」


 これらの記事を読んで正直ガッカリした。よくこんな記事が書けたものだ。政党というのは、本来自国民のためのものではないだろうか?旧社会党(現社民党)は日本人による、日本人のための政党なのだろうか?


 3. 拉致疑惑での旧社会党(現社民党)の議員の発言の一部を以下に記しておく。

 辻元清美

 「国交正常化の中では、戦後補償が出てくるでしょう。日本は、かつて朝鮮半島を植民地にして言葉まで奪ったことに対して、北朝鮮には補償を何もしていないのだから、あたりまえの話です。そのこととセットにせずに、『9人10人返せ!』ばかり言ってもフェアじゃないと思います」

 土井たか子

 「捜査当局の発表だけでは納得できない。朝鮮民主主義人民共和国に対する食糧援助は、少女拉致疑惑などとは切り離して人道的見地から促進すべきだ。」

 村山富市

 「拉致問題が片づかないから話ができないということでは、永遠に話はできない。日本はミサイルが飛んで全てを断絶したが、隣の人が困っている時にコメを送ったっていいじゃないか


 政治家は、まず自国民の幸福・安全を考えて行動・発言するべきではないだろうか?ミサイルを武器に恫喝脅し外交を繰り返す北朝鮮を「困っている隣人」と普通の神経なら思うだろうか?



小生のブログ記事、2006年06月25日から


旧社会党(現社民党)の悪しき痕跡 その2


 4. 拉致容疑者の釈放嘆願書の署名と提出という日本人なのか?と思うような行動をしている。詳細は以下の通りだ。

 旧社会党は、1989年(平成元年)に当時収監されていた拉致犯人 辛光洙の釈放嘆願書を盧泰愚韓国大統領あてに送ったのだ。その内容は以下の通りだ。

 「私どもは貴国における最近の民主化の発展、とりわけ相当数の政治犯が自由を享受できるようになりつつあることを多とし、さらに残された政治犯の釈放のために貴下が一層のイニシアチブを発揮されることを期待しています。

 在日関係のすべての「政治犯」とその家族が希望に満ちた報せを受け、彼らが韓国での社会生活におけるすぐれた人材として、また日韓両国民の友好のきづなとして働くことができる機会を与えて下さるよう、ここに心からお願いするものであります」

 1989年 大韓民国 盧泰愚大統領貴下

 日本国国会議員一同


 心からお願いすることの順番が違うだろう。署名した政治家の意見を訊きたいし、今どう感じ思っているのか発言する義務があるのではないだろうか?

 署名した主な現職政治家は以下の通りとなる。あいうえお順だ。

伊藤忠治
江田五月 
菅 直人
田並胤明
田 英夫
千葉景子
土井たか子
渕上貞雄
山下八洲夫
山本正和


 実際は133名もの署名が集まったのだ。その殆どは当時の日朝友好議連のメンバー達ばかりだ。よその国の政治犯の釈放云々より、拉致された自国民の人々の帰国に尽力するのが国会議員の仕事ではないだろうか?署名した土井たか子「知らなかった」とシラを言っているようだが、それでは済まされない問題だろう。無責任極まりない行為・発言だ。

 「知らなかった」では通らないのだ。その約1年前だが、1988年(昭和63年)3月26日参院予算委員会で、日本共産党の橋本 敦議員拉致犯人 辛光洙のことを取り上げ非難していたのだ。議事録にも残っているはずだ。したがって、「知らなかった」では済まされないことは政治家として当然だろう。

 北朝鮮の数々の悪行は新聞でも大きく報道されて続けてきた。日本漁船銃撃事件、大韓航空機爆破事件、ラングーン爆破事件等などだ。これらの事実があるのにも関わらず、旧社会党(現社民党)は北朝鮮と友好関係にあったのだ。本当に理解しがたい。

 拉致犯人 辛光洙は、その後恩赦になり釈放され、北朝鮮に逃げてしまった形になった。拉致の重要犯を取り逃がしたことは非常に大きなミスだ。今では拉致犯人 辛光洙英雄扱いにされているほどだ。この事実を署名した政治家たちはどのように受け止めているのだろうか?



小生のブログ記事、2008年09月07日から


土井たか子氏の言動


 土井たか子氏とは?
 
 元衆議院議員
 第59代衆議院議長
 元日本社会党委員長
 前社会民主党党首
     
 
一時、マドンナ議員のリーダー的存在で人気もあったが、その裏では数々のとんでもない北朝鮮賛美を行ってきた人でもある。北朝鮮スパイとして日本人拉致事件のリーダー的存在とされていた辛光洙(シンガンス)の特赦を求めたのも土井たか子氏である。(他にもたくさんの議員がいたが)

 小生の以前の記事にも書いた樫枝元文氏と全く同じで、北朝鮮シンパと断定しても不自然ではないだろう。女史は拉致事件に対し、今までの言動を撤回するようなことも自発的には言っていない。いやいやながら言ったきりだ。まして満足な謝罪さえしていない。

 数十年前、いや、それ以前から日本人たちが北朝鮮のスパイ達により、誘拐拉致されてしまっている。こんな悪行は到底許すことはできない。考えれば考えるほど怒りがふって湧いて出て来る。

 以下が数々の土井たか子氏の言動だ。これを読んで本当に日本という国の政治家だったのか疑問しか湧いてこない・・・・。

 
 「私はまた朝鮮労働党のわが党に対する長年の友誼について感謝し、私の尊敬するわが党の歴代委員長がお国を訪ねて、うち固めた両党友好と連帯の絆は限りなく強固であると思います」

 「私たち日本社会党(現社民党)は、金日成主席の懸命な指導のもとに、朝鮮民主主義人民共和国の人民が社会主義建設でおさめている輝かしい成果を評価します」

 「逃げてる船に追いかけ、あろうことか、威嚇攻撃までするとはなんたることですか!」-不審船が大きく報道されたとき

 「いいえ、自分の家に帰ったようです」-訪朝時金日成主席に『予定がきつくて大変でしょう』と質問されたとき

 「金日成主席、ご自身の筆による『社会主義教育に関するテーゼ』を発表されましたが、その中でも女性に対する教育に対し、大変正しい指導をなさっていると思います」

 「朝鮮民主主義人民共和国に対する食料援助は少女拉致疑惑とは切り離して人道的見地から促進すべきだ」

 「朝鮮革命と社会主義建設の偉業を輝かしい勝利に導かれ、朝鮮の自主的平和統一、アジアと世界の平和の為に類なき貢献をつくしておられる偉大な指導者金日成主席を私は心から尊敬し、万年長寿を祈り、今後の友誼を願って、私の発言を終えたいと存じます」

 「北朝鮮は拉致などしていません。なぜなら北朝鮮がやっていないと言っているからです」
 



 小生が拉致事件を知ったのは、1980年代半ばの頃だ。当時から横田めぐみさんの事件は報道はされていた。しかし、その事件が本当に北朝鮮の犯行なのかは一般国民の中で知る人はほとんどいなかったに違いない。

 しかし、数々のスパイ関連の著書を読破してみると、実際日本の公安警察は北朝鮮の悪行には気付いていたようだ。小生が小学生の頃に聞いた「朝鮮の声放送」の日本向け放送では、わけの分からない乱数をアナウンスしていたり、これが日本国内に潜伏するスパイたちへの指令だったらしい。

 しかし、その間も、土井たか子氏をはじめ、自民党副総裁の金丸 信氏やその取り巻きだった野中広務氏、更に社会党副委員長の田辺 誠氏など、日本のリーダー的政治家の北朝鮮詣では止まらなかったのだ。










 金丸が訪朝した後、確か1990年か1991年頃だったと思うが、新聞では「経済援助2兆円」という記事が大きく載ったことを覚えている。小生は当時、こんなバカなことがあるのか!と思った。そのことをその新聞は批判もしていなかった・・・。

 まあその後「土下座外交」と批判され、金丸は逮捕もあり失脚。金の延棒が発見され、それらがどこから供与されたのか問題になったが、結局真相は闇の中に消えていった・・・。

 こんな政治家ばかりのせいで、誘拐拉致事件をはじめとした北朝鮮の悪行の解決が遅々として進まず、在日たちも義務を果たさず権利ばかり主張し、中には北朝鮮の代議員もいるほどだ。

 純粋な日本人として、こんなことがまかり通ってきたことを決して許してはならない。北朝鮮を支持する代議員は選挙で落とし、在日の組織は破壊防止法を大きく改正、適用し、彼らに国内での活動を許してはならない。











にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




この国は少し変だ!よーめんのブログ(今、日本では自衛隊員が愛国発言をすると退職金が没収されます!) : 民主党は旧社会党より赤い!
日本の心を育むネットワーク
空の森
STAND ALONE COMPLEX
阪神ファンが読売新聞を取らずに済む世の中カモン!
脱☆政治的無関心 確実に「何か」が変わってきたみたい
ねぇ知ってたぁ?
堕ちる日本
山の愚者の国際分析(仮)
千葉法相、拉致実行犯釈放嘆願書署名を反省「申し訳ない気持ち」

ヘタクソなドライバー

ヘタクソなドライバー



 毎日通勤にクルマを利用して、いつも思うことがある。それは下り坂で、ブレーキを踏みっ放しのドライバーが多いということだ。こういう連中は教習所で習ったことを忘れているのだろうか?不思議だ。

 そういうクルマの挙動を見ていると、登り坂では速度が極端に落ち、逆に下り坂になると、どんどん速度が上がってしまい、ドライバーは速度を下げようと、ずっとブレーキを踏むというパターンだ。

 昔のクルマだったら、ヘタをするとフェード現象を起こしかねないような運転の仕方だ。後ろを走っている小生も前車のブレーキランプが点灯しっ放しのため、特に夜間などは眩しかったりするので、非常に不快になったりもする。そういう場合、小生は車間をあけるようにしている。

 下り坂ではエンジンブレーキを使いながら、ある程度一定の速度で走った方が安全だろう。勾配の急な下り坂なら多少のフットブレーキの使用も仕方ないとは思うが、それでも安全な速度でローギアにシフトダウンして走れば、むやみにブレーキを踏むこともないだろう。

 独りよがりな運転をするドライバーが1人いただけで、それが渋滞の原因になったりすることも多い。不必要なブレーキが、後ろのクルマのドライバーに更にブレーキをかけさせ、それが連鎖、増幅した結果、遥か後方で渋滞になるのだ。

 オートマティック車が多くなったことも原因の1つかもしれないが、マニュアル車と同じようにシフトダウンして走れば良いはずだ。恐らく、そういうドライバーは、Dレンジだけで走っているのだろう。決してシフトダウンせず、せいぜいバックするときと駐車するときだけ、シフトレバーを操作するという具合だ。

 横着運転の真骨頂だろう。前しか見ず、他のクルマのことは一切考えず、自分のことで精一杯。教習所で行う運転適性検査をもっと厳しくしてもらえないだろうか?明らかに運転することが不適切なドライバーが増えているような気がする・・・・。

 






にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





このブログ炎上だそうだ

このブログ炎上だそうだ




今は削除されているようだ





句読点、改行も無し(笑)



 偉そうに酒井夫婦を罵倒。ファンなどに反撃に遭い大炎上。そして全記事削除(実際は公開を止めた?)したようだ。今現在だが、謝罪記事だけ残っている状態だ。最後まで「独自を貫く」信念はどうしたのかい?

 このブログ主、酒井夫婦をここまで罵倒できるのかね?携帯電話からの投稿だと思われるが、句読点も無いし改行も無い。「野暮」を「野望」と誤字のまま。「とどのつまり」を「ととのつまり」と書いているし・・・。お里が知れるね。

 





にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





http://ameblo.jp/katomegu/
酒井法子をブログで罵倒した芸人は暴行事件の首謀者?/ニュースウォッチ

民主党幹事長、政権交代後は「首相の靖国参拝と内政干渉は行わない」

民主党幹事長、政権交代後は「首相の靖国参拝と内政干渉は行わない」



以下、ニュースより


 2009年8月3日、民主党の岡田克也幹事長は都内で中国メディアの合同取材を受け、今月末の衆議院選挙で民主党政権が誕生すれば、首相の靖国神社公式参拝や中国への内政干渉は一切行わないと述べた。中国新聞網が伝えた。

 岡田幹事長は、「民主党は結党以来、一貫して日中関係を重視してきた。鳩山由紀夫代表や小沢一郎代表代行を始めとする党幹部たちは各々の政治活動において常に日中関係重視の姿勢を示してきた」と述べ、政権交代が実現すれば日中関係はより一層発展すると強調した。同幹事長自身も年に1度は訪中しており、すでに15回の訪中歴があるという。

 また、第2次大戦中のA級戦犯が祀られている靖国神社に日本の首相が公式参拝することに中国が強く反発している問題については、「A級戦犯は先の大戦の罪人だ。首相が公式参拝すべきではない」と述べ、チベット問題やウイグル問題については「中国国内の事情だ」とし、「中国への内政干渉は行うべきではない」との見解を示した。






 いい加減にしろ!民主党!!貴様ら日本人か?特亜三国に媚ばかり売ってきて、こいつら一体何人かと思っていたが、とうとう本性を現したようだ。

 靖国神社に祀られているのは、A級戦犯だけじゃないだろう?戦場に散った無名の方々もいるだろう。今の平和がそういう大きな犠牲の上に成り立っていることを全く自覚していない。そもそも公式参拝のことを支那や朝鮮がとやかく言う筋合いではない。それこそ内政干渉だろうに!

 歴史を日本人として真正面から議論することもない。中国の教科書を読んだことがあるのだろうか?それこそ歴史を捏造しているだろう。そういう国にゴマをすって、すりよっていく体質は変わらないだろう。他国には内政干渉させ、支那のナチス的な動きには目をつぶる。矛盾も甚だしい。
 
 民主党には売国政党だった旧社会党の残党もいる。日教組のような売国団体から支持を得ている民主党。こんなバカなことを堂々と言う者達を国会に送りこむことは、日本人として自殺することに等しいだろう。










にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





広大なネットの片隅で遠吠えでもしようか『裏口』
みんなの前で本音を語ってもらおう|偕楽園血圧日記
夢遊人の独り言
日本の底力 (Core Competency of Japan)
ブログのタイトルはそのうち考えるブログ
玉川上水(武蔵野)の事務所から…
【時事とコピペ】
木走日記
エラ通信のチラシの裏
☆いいたい砲台☆
jizo.net
ジャスコという名の絶望 或る浪人の手記
博士の独り言

学力テスト正答率、親の年収で格差 相関関係公表は初

学力テスト正答率、親の年収で格差 相関関係公表は初



以下、ニュースより


 昨年実施した全国学力テストの公立小6年生の結果について追加調査した文部科学省の専門家会議は4日、保護者の年収が高い世帯ほど子どもの学力が高いとする調査結果を報告した。

 年収1200万円以上では国語、算数の正答率が平均より8~10ポイント高く、200万円未満は逆に10ポイント以上低かった。所得の高低で最大23ポイントの差が開いた。全国学力テストの結果と年収の相関関係を裏付けるデータの公表は初めて。






 この記事、妙に納得してしまう。学校教育、特に公立小中校の授業はひどい。ゆとり教育に変わってから、教師の質も大きく落ち、テストの点数以前に、教師に愛想の良い子供、可愛い女の子には、良い点数を付けることが増えたという。まったくふざけた話だ。

 勉強が出来てテストの成績が良くても、教師に好かれないと悪い成績になることも多々あったという。学校は社会性も学ぶ場所なので、協調性も必要だろう。しかし、勉強の結果であるテストの点数より、普段の生活点に重きを置いたバカバカしい制度だ。

 小生の子供や彼らの友人から聞いた話なので、ある程度は事実だろう。小生の友人の子供でも同じようなケースがあったと聞いた。こんなふざけた教師が増えているので、公立学校での教育は期待できないだろう。金持ちの親としては、子供を私学に入れるか、進学塾に入れるなどして、学力アップをはかる結果となろう。

 金持ちほど生活に余裕があるので、子供に投資する金額も大きくなるのは至極当然。反対に生活に困窮する世帯では、塾などに入れる金など無いだろう。親の生活が荒れていれば、子供も何らかの影響を受けることは間違いないだろう。

 可哀相だが、これが現実だ。21世紀に入り、国民の貧富の差が大きくなったと思う。金持ちはより金持ちに、貧乏人はより貧乏人にだ。昔で言う、身分制度の静かなる復活だろう。中には一生懸命に勉強する子供もいるだろうが、きっとそれは、ごく少数だと思う・・・。きっと今後、もっとそれが顕著になってくると小生は思う。







にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ






プロフィール

湘南のJOHN LENNON

Author:湘南のJOHN LENNON
政治ネタなどに特化したブログですが、評論家ではありません。感情にまかせて右脳で書きます!

Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

FUNATIC AIRLINES Blog

日本再生

自衛隊を応援する市民の会

THE KENJI HEARTS~すべてはALRIGHT~TURBO

きのせみかの大和撫子な生活

日本が好きなだけなんだよ

まんまる通信2

【水間条項ー国益最前線ジャーナリスト水間政憲のブログです。】

大和心を語るねずさんのひとりごと

Walk On The Backstreets

博士の独り言

ねぇ知ってたぁ?

猫之助 今日ものりのり (^o^)v
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター