粘着ネットストーカーについて

粘着ネットストーカーについて






 また悲しい出来事があった。小生の大切なブログ仲間の方が、執拗なネットストーカーの攻撃に遭い、ブログの閉鎖に追い込まれてしまったのだ。本当に残念だと思うのと同時に、ネットストーカーに対し、怒りを覚えらずにはいられない。絶対に許せない行為だ。

 その方のブログは小生のブログと違い、大変柔和な内容だった。小生のように特定の国を非難したり、特定の犯罪者を非難したりする先鋭な感じとは対極にあるのだ。そのような内容のブログに対し、陰険でしつこくて明らかに異常な精神の持ち主からと思われる投稿がされたのだ。

 その方は自分のホームページも持っているので、連絡先も公になっている。ネットストーカーの投稿もだんだんとエスカレートしていったようだ。したがって、当然身の危険も感じることになってしまい、ブログを閉鎖する結論に達することになってしまったとのことだ。

 ネットストーカーがリアルストーカーになったらどれだけ恐怖だろう。それも精神が病んでいるような輩だとすれば、身の危険を感じるのは当然だろう。小生も同じような輩に数回やられたことがあるが、連中の性格はとにかく粘着質だ。しつこいし自分の主張しか言わないし、他人の主張は排除する。

 自分の主張が通らないと別の論点に移して続行するのだ。全てにおいて揚げ足取りに近い行為をする。その方のブログも同じような輩にやられ、そしてどれだけ傷つけられ、恐怖感を植えつけさせられたのだろう。実社会でこのような輩がどんな生活を送っているのだろうか?

 同じような悩みを持っている人は多いと思う。他の方にも小生は以前相談されたことがある。加害者であるネットストーカーは男性のことが多い。なぜ男性が多いのだろうか?実生活でも正直な話だが、陰険なのは男性の方が多いような気がする。もっとあっさり生きることができないのだろうか?

 男らしいとか女らしいという表現は死語だろう。女性の方があっさりしている人が多い。男の方がグジュグジュしている。情けない連中だ。自分の存在をインターネットでしか表現できない奴も多いのだろう。陰湿で粘着で頭も良くないのだろう。

 とにかくこんな連中に対抗するにはプロバイダーの協力が必要だ。ログが取れるなら取るようにしてアクセス時刻のIPを記録し、該当プロバイダーを確認しておくべきだろう。プロクシを利用しているようなら別の方法もあるようだ。今ではプロクシを利用しても隠すことはできなくなってきている。ネットストーカーは肝に銘じて覚悟して行動するべきだ。

  

 
にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




ある占い師の素顔
株四季農場
ロザリアンの株日記
むぎこのひとりごと♪
KissしながらJazz myself
☆ 正しいテキサスの歩き方 ☆
美しい季節とは誰にも言わせまい・・・・
てんにかえるときがきたのだ
Definition of happiness

馬鹿

馬鹿


 バカって幸せだと思う。物事を深く考えることができないから、遠慮なく勝手なことが言える。言ったことも、その言葉がどうのような因果関係で結ばれていくのか考えることができないから言いっ放しだ。他人がどう思ってるかも考えない。

 小生の会社にどうしようもないバカがいる。その男は60歳にもなる管理職だが、ブルーカラー出身の中卒だ。昔の東北の集団就職で上京してきた「金の卵」の世代ど真ん中のおっさんである。そのおっさんを管理職にしたその上も同じくブルーカラー出身の成り上がり取締役である。

 73歳にもなるそのおっさんが取締役のため、先ほどの60歳のおっさんのような同じような境遇の人間を上に引き上げるのだ。誰が見ても優秀なら文句は無い。しかし、管理職は人を管理する仕事でもある。小生の会社は「営業部長」「製造部長」がそのような人間なのだ。ちなみに「製造部長」が60歳の「金の卵」、営業部長は高卒の63歳。2人は同期入社だ。

 2人とも大変「優秀」なので、会社の営業成績・生産実績は「右肩下がり」だ。営業が売り上げをコンスタントに上げないことには会社は厳しい状況となる。工場も現場オペレーターをしっかり管理育成して生産効率を上げ、単位工数を前年度より減らすことは必須項目だ。

 バカが「部長」になり、会社は急降下・・・。バカを放任している常務取締役。それを認知している社長。しかし、不思議なことに社長は学歴偏重主義者だ。社長は慶応出身。慶応レベル未満をバカにしているのが見え見えな人なのに、学歴が無く、まして管理能力もない者を要所に配置してしまっている。ものすごい矛盾だ。

 2人のバカは学歴コンプレックスがあるので、何か問題が発生すると「キミたち学校出ているんだろう?」って言う台詞を吐く。周りは「また言ってる・・・・」と呆れ果てている。その空気も読めないので、台詞は広い部屋の中を木霊するように聞こえている。

 大事なお客さんの会社に訪問しても、真っ先にふんぞり返って大股開きで着席する「営業部長」。それを白い目で見ている「お客様」。本当に恥ずかしかった。恥も外聞も知らないとはこういうことを言うのだろう。バカって本当に幸せだ・・・。


馬鹿は考えが浅いから因果関係が理解できない。
馬鹿は言ったことに責任が発生することを自覚していない。
馬鹿は行動が直線的で周りが全く見えていない。
馬鹿は物事の背景を見ることができない。



馬鹿とは・・・・

1. 知能の働きがにぶい・こと(さま)。そのような人をもいう。
2. 道理・常識からはずれていること。常軌を逸していること。また、そのさま。
3. 程度が並はずれているさま。度はずれているさま。
4. 役に立たないさま。機能を果たさないさま。
5. 特定の物事に熱中するあまり、社会常識などに欠けること。
6. 名詞・形容動詞・形容詞の上に付いて、接頭語的に用い、度はずれているさまの意を表す。
 

 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





プロフィール

湘南のJOHN LENNON

Author:湘南のJOHN LENNON
政治ネタなどに特化したブログですが、評論家ではありません。感情にまかせて右脳で書きます!

Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

FUNATIC AIRLINES Blog

日本再生

自衛隊を応援する市民の会

THE KENJI HEARTS~すべてはALRIGHT~TURBO

きのせみかの大和撫子な生活

日本が好きなだけなんだよ

まんまる通信2

【水間条項ー国益最前線ジャーナリスト水間政憲のブログです。】

大和心を語るねずさんのひとりごと

Walk On The Backstreets

博士の独り言

ねぇ知ってたぁ?

猫之助 今日ものりのり (^o^)v
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター