無灯火自転車

無灯火自転車


危ねえぞ!コラ!!



 毎日クルマを運転していてマナーが悪いのが自転車だ。機動性が高いからどうしても好き勝手に動きがちである。特に若い奴らの自転車が危ない。一番困るのは夕方や夜の無灯火の自転車だ。本当に見えない。狭い道を恐る恐る運転していると、突然視界に入ってくる。それも減速しないで突っ込んでくる。

 自転車をこいでいる人間にしてみれば、周りは見えているのだろうが、他人からはそうは見えないことも多い。それを自覚して自転車を走らせている人は少ないようだ。まして右側通行でさえ無灯火でしている。クルマを運転している人なら理解していただけると思うが、真っ暗のところから突然視界に入ってくる自転車に遭遇した人も多いと思う。

 自転車のライトをつけない理由は、ペダルが重くなるとか電池交換をしていな等、言い訳にならない理由だ。確かにダイナモ(発電機)を動かすとペダルは重くなってしまうが、それは仕方ないし、ダイナモがイヤなら後付型の電池式に取り替えれば良いと思う。それに現在は軽いダイナモもあるので重くならないでライトを点灯することもできるのだ。

 ライトは自転車を走らせている人の視界を確保するだけでなく、周りのクルマや歩行者に自分の存在をアピールするものなのだ。それを知らないで好き勝手に自転車を走らせている輩が多過ぎる。自転車の灯火は法律でもキチンと明示されている。道路交通法52条第1項に記載されていて、必ず履行しなければならない。 

 警察もバシバシ無灯火自転車を取り締まって欲しいし、運転免許証のある人間が無灯火で自転車を走らせた場合、交通切符を切って欲しいと思うし、未成年の小中学生の場合も有無を言わせず取り締まって、保護者を罰するようなルールにして欲しいとも思う。学校でも必修授業に取り入れるべきだと思う。あまり警察権力にすがるのも問題だが、あまりにも無法者が多過ぎる現在、思い切った処罰を伴う取締りを実施することを望まずにはいられない。
 
  

 
にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




ピザ屋の店長 邪悪日誌
ピザ屋の店長 邪悪日誌 自転車の無灯火運転を法律で禁止できないものか?
Curiosity of bicycle
自転車好きおやじのページ
ムトの日記ぽいもの
猫貸し屋営業日誌
Gone with the broom blog
Bicycle Ecology Japan/B.E.J.
攀鰻
おまさぼう春夏秋冬
ねこブログ
発信源「お江戸のペガサス」 雑記中~
ばいく生活あれこれ
怠惰でGO!   ~ダメリーマンのダメ生活~
あかねやん国
ぐるぐるのたね

粘着ネットストーカー

粘着ネットストーカー






 小生の知り合いの方だが、自分の行動を監視され他人のブログにその行動を投稿されているという。本当に憂鬱な出来事だと思うし、小生もリアルにストーカー行為をされたことがあるので、気持ちは痛いほどよく理解できる。どうしてこんなヒマなことをするのだろうか?そういう輩の行動や心理は理解できないし、まして理解しようとも思わない。

 しかし、こういう輩の心理状態をある程度読んでおき、自分を防御する必要性もあるのではないかと最近は思うようになった。小生のこのブログにも今まで数人だが、粘着質と思われる人間からの言いがかりにしか解釈できない投稿をされたことがある。一度だけ反論させてもらったが、その後投稿者からの投稿は無かった。

 だいたい粘着ネットストーカーのタイプは共通していることに気付いた。その数人は全て男性で行動・言動が不思議なことに一致している。アクセスログを取っているので、全て別人ということは間違いない。しかし、性質は似るものだなと驚いたとともに、小生も対処法を考えたことも事実だ。


 
 粘着ネットストーカーの共通点は以下の通りだ。

1.記事の意味を深く理解しようとせず、表面上の文章で勝手に自己判断し、一方的に自分の主張を投稿してくる。
2.反論された記事に再度反論できないと別の記事で言いがかりをつけてくる。
3.管理人が「もう論議はしません」と書いてもしつこく食い下がってくる。
4.あきれた管理人が投稿を削除しても再度投稿してくる。
5.キーワードでアクセスブロックをかけても、まだしつこく投稿してくる。
6.議論をすり替えて本質から外した所で反論してくる。
7.逆切れして揚げ足を取るような投稿をしてくる。
8.とにかく文章が長い


 他にもあると思うが、小生の気付いた点は上記のような感じだ。とにかく「しつこい」ということだ。これが粘着ネットストーカーのベースなのは間違いない。そういう輩が実生活でも粘着質なのかは分からない。インターネットの匿名性を承知して投稿してくるのかもしれないが、案外インターネットの匿名性は低いのだ。

 インターネットは匿名という神話は昔の話だ。IPアドレスは当然分かるし、プロクシを使用しても、今では経路を調べるのも以前より容易になってきている。使用しているOSやブラウザも分かるし、イーサネット機器に個別に振り当てられているMACアドレスも検出可能だ。こうなると使用パソコンも特定できる。プロ中のプロは小生らが知らない方法を使って悪質なネットストーカーを特定してきているのだ。

 小生のこのブログでも最近、このような粘着ネットストーカーが出現した。ミクシィからの輩だった。以前もミクシィ日記でしつこく絡まれたが、まともに相手すると「ヤバイ」と感じたので、差し障りのないように接していた。そして再度小生のミクシィ日記に絡んできたが、適当にあしらい、反論を与えないようなレスをしたことに対し、逆切れし別の記事で言いがかり・揚げ足取りの投稿をしてきた。

 さすがに小生も相手にしていられないし、またしつこく絡まれるのは目に見えているので、投稿は削除した。ついでにその粘着ネットストーカーのプロバイダーからの投稿を禁止した。他人のブログで不毛な論争をしかけてきて、どこが面白いんだろう?そういう連中はもっと他の楽しみがないのだろうか?小生には全然理解できない・・・。その人間はこの記事も読んでいるかもしれない。あ~~怖い。
  

 
にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




ある占い師の素顔
株四季農場
ロザリアンの株日記
むぎこのひとりごと♪
KissしながらJazz myself
☆ 正しいテキサスの歩き方 ☆
美しい季節とは誰にも言わせまい・・・・
てんにかえるときがきたのだ
Definition of happiness

認知症ドライバー

認知症ドライバー





以下、報道から。



 毎日新聞

 認知症男性衝突死:免許返納、年間数件 更新時に検査なく--危険運転手 /千葉



 京葉道路で9日午前、逆走した軽貨物車が大型ダンプと衝突、認知症の男性(85)が死亡する事故が起きた。改正道交法では、ドライバーが「認知症」と判断された場合、強制的に免許は取り消し・停止処分となるが、免許更新時の「認知機能」検査が制度化されておらず、運転を続け事故を起こすドライバーが後を絶たない。警察庁は2月に免許更新時に認知機能の簡易検査導入を決め、道交法改正を視野に抜本的な見直しに乗り出した。【倉田陶子】

 警察庁によると、04年末で65歳以上の免許保有者数927万人のうち、認知症の疑いがあるドライバーは約30万人(推定)で、今後増加する可能性がある。同庁は認知症ドライバーの事故対策として、運転手が自主的に免許を返納する「免許返納制度」に加え、改正道交法(02年)では認知症が分かり次第、強制的に免許を取り消し・停止処分にするなど規制を強化した。

 だが、認知症のドライバーは減っていないのが実情だという。県警免許課によると、免許の自主返納件数自体は増加傾向にあるが、返納せず運転を続けるドライバーを見分ける具体的な制度がないため、強制的な免許取り消し・停止処分の件数は年間、数件にとどまる。

 そうした中、警察庁も対策に乗り出した。2月には高齢者の認知機能を簡易に判定する検査制度の導入を決定。認知症の疑いがあるドライバーは臨時運転適性の検査を実施し、医師の診断を受けさせたるなどした上で取り消し処分とする方針だ。認知機能が低下している高齢者には安全運転の指導もする。

 警察庁は「交通事故死者数の減少のため制度の導入を急ぎたい」と話している。

11月10日朝刊
(毎日新聞) - 11月10日11時3分更新





 高速道路を逆送だ。もう信じられないの一言。しかし、それは現実に起こっている事故だ。明日に自分が同じような事故に遭遇しない可能性が0とは断言できないだろう。この新聞の事件は認知症(痴呆症)ドライバーによる事故だ。こんな老人が一応免許を持って走っていたのだ。危ないって言ったらありゃしない。

 それになんで「認知症」って誤魔化す言葉に変えてしまったのだろう。「痴呆症」だったら一発で分かるのに。差別用語か何か知らないが、安易に名称を変えるのが多過ぎる。障害物競走の「障害」が無くなったり。おかしくはないか?それを差別と思う方が「差別」や「偏見」を持っているかと思うが・・・。ここ20年くらいの行政はおかしい。

 話が飛んでしまったが、こういう事故は新聞やテレビのニュースで必ず1年に数件は報道されている。この「数件」というのが、氷山の一角なのか全部なのかは分からない。しかし、こんな事故はあって良いのだろうか?痴呆症の老人が前も後ろも分からないで自動車を運転して事故を起こし、それによって被害者が死んでしまったり後遺症が残ったりしてしまった方が悲惨だ。

 ハッキリ言って迷惑千万だと思う。小生もクルマは毎日乗っているが、明らかにおかしい動きをしたりするクルマがある。ほとんど老人の運転によるものだ。後ろのクルマはイライラして煽ったりすることもあるようだが、そのおかしい運転をする老人は後ろなんか見ていないので、煽っても何のリアクションもない。

 小生がこのようなクルマの後ろにつけてしまったときは、決して煽りはしない。逆にいきなり急ブレーキでも掛けられたら、こちらが悪くなりかねないからだ。しばらく車間距離を開けて様子を見て、追越ができるところにきたら一気に追い越すようにしている。

 老人特有の運転は以下のような状況だ。

01.ブレーキをかけっぱなし
02.突然停車する
03.突然曲がる
04.信号無視
05.スピードがメチャクチャ(上り坂で異常に遅い)
06.一時停止で止まらない
07.一方通行を逆送
08.強引な右折
09.すれ違いができない
10.ヘッドライトを上向きにしっ放し


 小生が経験したのが上記のようなことだ。まだまだ細かいことはあるがキリがない。こんな運転をする老人が昔より増えていることは間違いの無い事実だ。結果、後ろで渋滞が発生したり他車への無意識な迷惑行為という現象が発生している。渋滞程度なら我慢もできるが、ニュースのような大事故で被害者が亡くなったりしたらと考えると恐ろしくなる。

 こういう痴呆症ドライバーが数十万人存在するらしい。非常に恐ろしいことだ。人間個人差があるので、70歳や80歳でも元気な人もたくさんいるだろう。しかし、中には本当に危険因子を抱えた人もいるに違いない。問題はそういう危険な人をどうするかだろう。現在の簡易講習制度では穴が多いと思う。

 小生は60歳(便宜上の区切り)を超えた免許所持者に毎年適性検査を強制的に行なうことが良いと思う。視力や聴力は当然のことながら、シミュレーション機で実際の運転適正を診断し、明らかに危険な場合は免許保留処分とし、次回の適正検査まで運転禁止の処分にする。その間の移動手段の優遇制度として、タクシーやバスの割引制度を取り入れる。

 適正検査を3年連続で落ちた場合は、免許取り消し処分とし、受験資格も無しとする。ちょっと乱暴かもしれないが、これから高齢者人口比率がもっと増えてくるので、早急に何らかの対処をしなければならないと思う。例えば、痴呆症の老人の運転のために、何の落ち度の無い若者の命が奪われてしまったら気の毒すぎる。

 飲酒運転も大問題だが、痴呆症運転も大問題だ。人権も絡む可能性が高いので、政治も行政も及び腰だ。誰か勇気のある政治家が思い切ったメスを入れて欲しいと思う。団塊の世代がこれから老人になっていくので、老人人口も飛躍的に増えるに違いない。犠牲者が増えてからでは遅いのだ。


  
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




健康管理・増進、病気予防、抗加齢(若返り)、長寿、豊かさ探求
ちゅーこボクスターで楽しもう♪
coolboyの日記
合宿免許【近畿&中国】情報館
スレートグレーの独り言
陽だまりの中で・・
ジジババのたわごと
自動車学校日記(厚木 綾瀬 海老名) - 認知症ドライバーへの検査
Tags:  

China is the rogue nations

China is the rogue nations


中共 亡命者を惨殺より



 China is the rogue nations in the world.
China tells a lie without hesitation. China threatens and blackmails other countries. If China know the target has no power to resist, China attacks the target obstinately in various dirty methods.

 China's character is Mafia. HU JINTAO, the president of China killed over 200,000 innocent Tibetan people include many women and children from Dec.1988 to Oct.1992. This is the fact. China is the rogue nation to be hated now.

 justification, and the truth is China is oppressing a nation and its people through fear and violence.
If you believe that the guards are justified in shooting them because their crossing was "illegal", firstly your sense of justice.

 In my humble opinion is scarily warped (why couldn't they just arrest them?), and secondly perhaps you should consider whether China's occupation of Tibet was legal.
Then you should also look into how easy it is...

 
 


 
にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ







Tags: 

アダルトチルドレンについて

アダルトチルドレンについて









 先日、境界性パーソナリティ障害の記事を書いたが、その続きの話も書こうかと思う。「アダルトチルドレン」とは、「子供の成育に悪影響を与える親のもとで育ち、成長してもなお精神的影響を受けつづける人々」
のことを言う。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

 子供は親を選ぶことができない。生まれてきたら、その親のもとで育てられるのが普通だ。人間これだけ多くいれば、親としての人間性や生活習慣に疑問を持つ者も多いだろう。「アダルトチルドレン」はアル中や虐待等が日常的に行なわれている家庭で育ち、それが大きなトラウマとして残ってしまい、現在の行動に影響を及ぼしてしまっている。


 「アダルトチルドレン」の主な特徴は以下の通りだ。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)
  
01.正しいと思われることにも疑いをもつ
02.最初から最後まで、ひとつのことをやり抜くことが難しい
03.本音を言えるような場面で嘘をつく
04.自分を情け容赦なく批判する
05.自分のことを深刻に考え過ぎる
06.様々なことを楽しむことができない
07.他人と親密な(心の通った)関係がもてない
08.環境の変化に過剰反応する
09.常に他人から肯定され、受け入れられることを求めている
10.自分は他人とは違っていると感じている

11.過剰に責任をもったり、過剰に無責任になったりする
12.従うことに価値がない場面でも、従いがちである
13.衝動的で、ひとつのことに閉じこもる
14.離人感、自分が自分でなくなるような感覚
15.身体性が希薄
16.他人への依存
17.自立的な判断と思考の欠如・周囲の期待に合わせようとする
18.ストレートに「いやです」が言えない
19.甘えと愛情、依存、しがみつきの区別がつかない
20.被害妄想をもつことがある

21.喜怒哀楽の表現が不得手
22.楽しむこと、遊ぶことがうまくできない
23.自分を殺して、違う自分、期待されている自分を演技してしまう
24.他人からの承認を必要とする
25.自己処罰癖、自罰傾向がある
26.無力感を訴え、心身症に陥りやすい
27.自分の判断に自信がもてない
28.常に他人の賛同と称賛を必要とする
29.自分は他人と違っていると思い込みやすい
30.傷つきやすく、閉じこもりがち

31.孤独感、自己疎外感が強い
32.感情の波が激しい
33.物事を最後までやり遂げることが困難
34.習慣的に嘘をついてしまう
35.罪悪感をもちやすく、自罰的、自虐的
36.過剰に自責的な一方で無責任
37.自己感情の認識、表現、統制が下手
38.自分にはどうにもできないことに過剰反応する
39.世話やきに熱中しやすい
40.必要以上に自己犠牲的

41.物事にのめり込みやすく、方向転換が困難
42.衝動的、行動的。そのためのトラブルが多い
43.他人に依存的、または逆に極めて支配的
44.リラックスして楽しむことができない




 これらの特徴を見ると、境界性パーソナリティ障害と共通項が多いことに気付くと思う。幼い頃からの環境が、長い間に人格や性格に大きな影響を及ぼしてしまっているのが、これでよく分かると思う。依存性の強いところは全く同じだ。小生の近くにもそういう人がいる。上の例にほとんど当てはまるのだ。アダルトチルドレンと境界性パーソナリティ障害は共通項が多いということで、必ずどちらかに該当するだろうし、両方に該当する人の方が多いと小生は思う。

 これらに該当する人が、一人でひっそり悩んだり苦しんだりすることは仕方ない。しかし、他人を巻き込んで、いろいろな人に影響を及ぼしてしまうのも困りものだ。共依存という厄介な問題も発生する。共依存とは、アダルトチルドレンの人が依存する人と相互に依存し合うのだ。この逆もあるだろう。こうなると問題が表面化し難くなるし、依存された側も結果的には大変な苦痛を味わうことになるのだ。
 

 


にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




Pourquoi pas?
SugokuSystem.blog
Can't  Take That  Away

テーマ : AC(アダルトチルドレン)
ジャンル : 心と身体

夢と現実を混同している白昼夢男

夢と現実を混同している白昼夢男







 最近、懲りない一人の俳優のネタが各方面で盛んだ。夢と現実を理解できない奴だ。俳優なので、きっとその役に入り込んでしまう。それはそれで仕事として良いのかも知れない。しかし、仕事が終われば日常の生活もあるだろう。

 この男は映画で共演した女優といい仲になり結婚した。映画でも恋人同士を演じ、その延長線上で結婚したというわけだ。身近な言い方をすれば「職場結婚」と言えるかもしれない。職場結婚ならどの社会でも多いと思うし、それを全面的に否定はしない。

 この男の心理状態を勝手に分析(笑)すると、映画の共演で擬似恋愛状態に自分自身で自分を自己催眠状態にした。共演者の女優も恐らくそうだろう。映画は実際、演技ではなく本物だったのだ。本当に愛している状態をカメラは撮っていたと言える。台詞も本当だし、涙も本物の涙だ。

 共演女優も俳優に引かれ、映画の中の仲のままで、その恋愛を成就させた。そして、結婚し子供も生まれた。子供が生まれたら女性も変化する。肉体的にも精神的にも大きく変わる。それはどんな女性でも同じだろう。そこで初めてこの俳優は現実を知る。


 「こんなはずではなかった」
 「俺の好きな人はこんなのではなかったはずだ」
 「もっと俺らしい生活があるはずだ」



 こんな台詞が俳優の稚拙な頭脳の中で生み出されたに違いない。その結果、俳優は現実逃避に走った。幼児性が強いので行動パターンが稚拙で単純だ。それは本能が抑えられないからだ。昔の恋人のもとに走る。その恋人の雰囲気は夫人と酷似している。同じようなキャラクターだ。男として好きなタイプに走るのは理解できるが、あまりにも単純明快過ぎた。

 嘘をついてまで元恋人と逢い、記者会見では堂々と嘘をつき、あげくの果て別の女優と深夜の密会ときた。こういう状況だったら、どんな女性でもイヤになるだろう。梨園の仕来り等の問題もあるようだが、それは初めから分かっていたはずだ。男の風上にもおけない卑劣な奴だ。このアダルトチルドレン俳優に社会の鉄槌が下ることを望む。

 
 
 
 
にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ






パソコンスキルが極端に低い世代

パソコンスキルが極端に低い世代









 
 小生の周りの人たち、会社関係・親戚・友人知人等、すべての人たちを見てパソコンの習熟度を世代別に勝手に考えてみた。まず一番「できない」世代は小生より5歳から7~8歳上の連中だ。具体的な年齢は40代後半から50代前半。だいたい48歳から53歳くらいの人たちだ。

 とにかくこの年代の人たちは、ほとんどと言っていい程、どこの会社でもPCスキルが低い人たちが集中している。特に男性がそうだ。意地で使わない人も多く、計算するのに未だに電卓を使用して、レポートも手書きだ。表計算ソフト・ワープロソフトも満足に使えない連中だ。

 そういう世代の連中が正直ボトルネックとなっていて、会社の仕事の流れを阻害している。それでいて、プライドは人一倍高いのだ。40代後半50代前半は管理職でもベテランの部類に入るだろう。そういう連中が素直に小生以下の世代の言うことを素直に聞くわけもないだろう。

 また面白いことに団塊の世代の連中だと逆にスキルは上がるのだ。この世代の連中は競争も激しい、つまり人口が多いので、それだけ競争にされされてきたということもあるのだろう。とにかく議論好きだが行動もする世代だ。

 それに引き換え、文頭の世代の連中のスキルの低さには閉口する。なぜ努力しないのだろうか?工学部を出ている奴でも満足に使えないのだ。時代が違うと言ったらそれまでだが、あまりにも他の年齢層と比べてひど過ぎる。

 頭が固いので、思考に柔軟性が無い。初めから諦めてしまう。自分で自己限定しまう。そして、自分が一番正しいと信じ込んでいる。そういう思考を持った連中の多い世代だ。これからこの世代が、ここ10年日本の社会を引っ張っていくのだ。大丈夫だろうか?小生はハッキリ言って心配だ。一番頼りにならない世代だから・・・。

 
 
にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ






Tags:  

テーマ : 職場の愚痴こぼし・毒吐き場
ジャンル : 就職・お仕事

山を崩して緑を消してできた街 その4 その比較

山を崩して緑を消してできた街 その4 その比較






山を崩して緑を消してできた街 その3 破壊された山



   
 今年の1月2日の記事で「山を崩して緑を消してできた街 その3 破壊された山」という内容のものを書いたが、その後どうなっているのかお知らせしたいと思う。造成も終わり、いよいよ住宅が建てられている状況だ。もう崩してしまった山は元に戻ることは無いし、今更反対運動を起こすこともできない。と言うよりは諦めの境地か・・・。下の写真がその造成地の宣伝の航空写真だ。






開発会社のホームページの加工された写真 クリックで該当ページへ



 グダグダいうより、写真を見てもらった方が早いだろう。写真を見ると本当に残念な気持ちになる。これから人口が減っていくのに、わざわざ山を切り崩して土地を確保し、家を建てる必要があるのだろうか?ちなみに三浦半島の開発は、今までほとんど財閥系と電鉄系が行ってきている。





最近の衛星写真 クリックすると拡大 ぜひ見て欲しい



 上の写真はクリックすると大きな画像で見ることができるので、ぜひ見ていただきたい。丘陵の頂上付近は、全て緑が無くなり、造成でむき出しになった地面が白っぽく写っている。まだ住宅も建てられていないので、余計に造成地が目立つ。宣伝の航空写真が、どのように加工されているものなのか、これでよくわかるはずだ。

 そして、下の写真が撮影日が1997年5月26日、国土地理院の公式の航空写真だ。クリックすると大きな画像に飛ぶが、現在の写真と比較して見ると丘陵の半分が崩されてしまっている。これを見ると悲しくなってくる。ある企業の商売のために、貴重な自然が破壊されてしまったのだ。崩す前はうっそうとした森林だったのだ。以前はキジさえも見かけることもあった。






撮影機関:国土地理院, 撮影日:1997/5/26, 形式:カラー, 撮影高度:4,550m



 お役所も、なぜこんな開発を許可したのか理解できない。関東平野に残る貴重な森林地帯が残っている三浦半島。衛星写真を見ると、横浜や東京に緑が少ないことが確認できるはずだ。それなのに、わざわざ一つの山を崩して造成して住宅地を作ろうとする思考、旧態依然としか言いようがない。
 
 ただでさえ狭い国土、平野が少なく山が多いこの国の地形では、ある程度の宅地造成は必要だったかもしれない。しかし、これから人口が減っていく状況において、無理やり造成して住宅地を造る必要は無く、貴重な自然を子孫に残す方が大切ではないだろうか?





アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




とりとも雑楽帳
こつこつ稼ぐコガネムシ
北新宿3丁目プロジェクトも考える会
ひじき鉄の館
鹿児島の自然と食
溶けていく国境 いずみの環境問題ブッタ斬り
プロフィール

湘南のJOHN LENNON

Author:湘南のJOHN LENNON
政治ネタなどに特化したブログですが、評論家ではありません。感情にまかせて右脳で書きます!

Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

FUNATIC AIRLINES Blog

日本再生

自衛隊を応援する市民の会

THE KENJI HEARTS~すべてはALRIGHT~TURBO

きのせみかの大和撫子な生活

日本が好きなだけなんだよ

まんまる通信2

【水間条項ー国益最前線ジャーナリスト水間政憲のブログです。】

大和心を語るねずさんのひとりごと

Walk On The Backstreets

博士の独り言

ねぇ知ってたぁ?

猫之助 今日ものりのり (^o^)v
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター