畑野刑事 特別機動捜査隊

畑野刑事 特別機動捜査隊

 昨日の記事は、幼少の頃に見た刑事ドラマ「特別機動捜査隊」が東映チャンネルで放送されていることを書いてみた。この番組は伝説の刑事ドラマだろう。

 「太陽にほえろ!」あたりから刑事個人の心情を描く物語が多くなったが、「特別機動捜査隊」は、犯罪そのものの時代背景や捜査を客観的にドラマにしていたので、現実離れした人間関係を描くことはなかった。


宗方勝巳さん演じる畑野刑事

 このドラマで好きな刑事が、宗方勝巳さん演じる畑野刑事だった。ダンディでクールな人物だったが、少し女ったらしな面もあり、そのギャップに親しみを感じていた。

 このドラマ出演の他、小生が今でも印象深いのは、シーチキンのコマーシャルに出ていたこと。このコマーシャルを見て、無性にシーチキンが食べたくなったことが何回もあった。宗方さんのコマーシャルを見て、シーチキンが一気に世間に認知されたような気がする。


現在の宗方勝巳さん

 宗方さんは現在もお元気なようで、今年も徹子の部屋に出演していた。10年程前に脳梗塞や大腸がんを発症したとのことだが、現在は無事克服されているようだ。話もしっかりしており、司会者の黒柳徹子さんの活舌の悪さの方が気になるくらいだ。
 
 徹子の部屋への出演は半年ほど前だが、80歳近い年齢にもかかわらず、昔と変わらずダンディな感じだ。現在は鎌倉在住とのこと。これからもずっと元気でいて欲しいし、時々はドラマにも出演して欲しいと思う。



アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ



【カラー映像】昭和46年の和光市駅 WAKOSHI STATION 1971
宗方勝巳
徹子の部屋 2016年6月30日 【宗方勝巳&長内美那子夫妻】

ハシビロコウに会えた!伊豆シャボテン公園

ハシビロコウに会えた!伊豆シャボテン公園

 伊豆の温泉に静養に行くとき、そのついでに必ず行く場所がある。それが伊豆シャボテン公園だ。ここは初代ウルトラマン、仮面ライダーのロケにも使われ、その映像は当時リアルで観たので、特に思い入れが強い場所だ。

 その伊豆シャボテン公園最大の珍鳥が、ハシビロコウのビル君だ。既に45歳以上生きている長寿の鳥だ。しかし、何回も行ってるのに、まだ一回も対面することできなかった。寒いのが苦手のようで、気温が低い日は、自分の部屋で暖を取っているらしい。

 ビル君が外に出ているかいないかは、モニター映像で分かるようになっている。何かい行っても、いつも部屋の中にいたので、全く会えずじまいだった。

ハシビロコウのビル君


 しかし、先日念願の体面を果たすことができた。いったい何回行ったのだろう。10回は優に超えていたが、感激の対面だ(笑) ビル君は園内のちょっとした広場(鳥にとって)っぽい場所に佇んでいた。以前、ネットで観た写真そのものだ。


ちょっと一瞬怖い顔(笑)


 ほとんど動かないと聞いていたが、この日見たときには、かなり行動的だった。歩く速度は非常にゆっくりだ。悠然と歩いている。自分のペースだ。人間を気にしないように見えるが、実際は少し気にしているようで、誰かが近づくと、その分離れていく感じだ。適度に距離を保っているようだ。

目をつぶるビル君(笑)


 対面があまりにも嬉しかったので、ビル君が部屋に戻るまで、ずっと様子を見させてもらった。この日は雨が降っていたが、少し暖かったので、ビル君にとっては散歩日和だったのかもしれない。

 口を開けて、くちばしを当てて音を出したり、しばらく目をつぶっていたり、数分動きを止めたり、見ていて全く飽きないビル君だ。アフリカからやってきて45年。ずっと一人で異国の日本で暮らしているが、昔の記憶を思い出すことはあるのだろうか?
 
 様子を見ていて、賢そうで高い知能を感じるビル君だった。これから寒くなる季節なので、行っても会えない時期に入ってしまうので、また来年の暖かい時期に会いに行こうと思う。ビル君には、これからも元気で長生きしてもらいたいな。




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




立石主任 特別機動捜査隊

立石主任 特別機動捜査隊

 幼少の頃に見た刑事ドラマ「特別機動捜査隊」が東映チャンネルで放送されている。この番組は1961年(昭和36年)から1977年(昭和52年)まで、約16年の長きに渡り放映された作品だ。

 小生の記憶にあるのは、青木義朗さんが演じた三船主任と葉山良二さんが演じた日高主任だ。東映チャネルを毎週見ているが、里見浩太朗さんも出演していたことは全く記憶になかった!


波島進さん演じる立石主任

 そして、波島進さんが演じていた立石主任になると、もう全くと言っていいほど記憶が無い。特別機動捜査隊は、夜10時から放送されていたので、当時子供だった小生には見れる時間帯ではなかった。

 波島進さんが出演していた時期は、出演回を調べたところ、恐らく1971年(昭和46年)春先までだと思われる。その頃の小生は小学校低学年なので、とても夜10時まで起きていられなかった。そういう事情も見た記憶が無い理由の1つだろう。

 番組後期の頃には小生も小学校高学年~中学生になり、夜10時以降も起きていることが多くなり、三船主任の活躍を見ていたが、強面で厳しいキャラだったことが印象深い。

 この立石主任の時代は見た記憶が無いので、東映チャンネルでの放送は初めて見るものばかりで、凄く新鮮であった。現在は回数が進み、三船主任と高倉主任の時代になっている。年代で言えば、1973年頃(昭和48年)だろう。

 立石主任がメインの頃の時代、特にカラー方法になってからの時代は、1960年代後半だ。当時の建物やクルマ、男女のファッションやヘアスタイルを観察するのも面白い。

 また立石主任の頃の放送回を見てみたい。東映チャンネル様、どうかもう一度、立石班のスタートから再放送して下さい!




アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





90代の仲良し夫婦、同じ日に病死か 自宅で遺体発見

90代の仲良し夫婦、同じ日に病死か 自宅で遺体発見

以下、ネットニュースより
 
90代の仲良し夫婦、同じ日に病死か 自宅で遺体発見

 東京都板橋区常盤台の駅に近い住宅街で97歳と93歳の夫婦の遺体が21日、見つかった。死因は病死で、同じ日に息を引き取ったとみられる。介護サービスを受けていない元気な2人だった。近所の住民は安心して見守っていたが、同時に遺体で見つかったことにショックを隠せない。

 この数日、2階の電気がついたままで、外出が途絶えた。「何かおかしい」。近所の住民が21日午後4時ごろ、民生委員やケアマネジャーを通じて交番に届け出て、夫婦が2階のリビングで亡くなっているのが見つかった。

 板橋署は22日、司法解剖をして、2人は死後4日ほどで、死因は病死と判断した。ふとんが並べて敷いてあり、夫は上下スウェット、妻はパジャマ姿。電気はついていた。台所の炊飯器はご飯が炊きあがった状態で、食卓には梅干しが出してあった。署幹部は「朝か夜か分からないが、ほぼ同じころに亡くなったのではないか」と話す。



 悲しいニュースには間違いない。しかし、その反面、羨ましいとも思った。90歳過ぎまで健康で普通に生活し、近所にも評判が良いおしどり夫婦だったのこと。

 発見が早かったのは、きっと周りの住民たちとの関係が良好だったのだろう。周りとの関係が希薄だったら、気にもされず放置される期間が長くなり、遺体の状況も悲惨な結果になるだろう。

 このご夫婦、ほとんど同じ時刻に逝かれたようだ。おしどり夫婦で仲が良く、最期も一緒なんて、ハッキリ言えば、本当に理想の夫婦だったと思う。

 逝くなら独りより最愛の人と逝くのが一番幸せだと思う。こんな物語のような最期がリアルであるなんて素敵だ。最期も同時だったのは、きっと良い人生を送ってきたのだろう。

 小生はこんな最期は送れないだろうな・・・(泣)



アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ



90代の仲良し夫婦、同じ日に病死か 自宅で遺体発見

EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years 横浜シネマリン

EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years 横浜シネマリン



横浜シネマリン 外装工事中のようだ

 昭和時代の関内駅付近の映画館が大好きだった小生。横浜市内も20世紀後半から、伊勢佐木町横浜ピカデリー、横浜オデヲン座、横浜松竹、古い劇場がどんどん閉館してしまい、小生が一番利用した思い出深い横浜東宝会館も2001年11月に閉館してしまった。

 その後も時々通った超ミニ劇場だった伊勢佐木町東映2も閉館してしまって、関内駅付近の映画館には一切行かなくなってしまった。20世紀で昭和の匂いを残した劇場は、ことごとく消滅してしまったようだ。


映画館は地下にあるようだ

 話がそれてしまったが、ビートルズの最新映画である EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years は、9月頃都内の劇場で初めて観たが、最後のシェア(シェイ?)スタジアムでのライヴフィルムのレストアが素晴らしく、更に音質も昔のフィルム音源とは比較にならないほどクリアになっていた。

 そのフィルムを観て、ジョン・レノンのパフォーマンスの素晴らしさは、正に目から鱗が落ちた感じだった。昔から何回も観ていたが、ここまで真剣に観たことも聴いたこともなかったので、改めてジョン・レノンの才能が凄いものだったのか、正直初めて認識したと言っても過言ではない。

 そのライヴフィルムを観たさに、もう一回この映画を観たいと思っていたが、初上映から既に2か月。なかなか神奈川県内に見当たらなかったが、老舗映画館である横浜シネマリンで上映されると知って、それも最終上映日を狙って観に行った。


11/18で最後の上映 EIGHT DAYS A WEEK


 もしかしたら、神奈川県内劇場で最終上映日になるので、何か良いことがあるかもしれない予感があったが、それは正解だった。初めて地下へ行く階段を降りて行くと自動ドアの入り口があった。古い映画館とイメージしていたが、中は大変きれいで新しい感じだった。

 調べてみると何年か前に経営者が変わって、設備や内装を一新したのことだった。席は自由席だが、チケット代を支払った順番で整理番号が各人に付いていて、小生は15番だった。整理番号順に入場していくシステムだった。

 劇場内部は新しく照明、内装も新しく、椅子も大きく、前席との距離もあること、前席が半分ずれているので、前の客の頭が視界に入りにくいので、観やすく大変居心地の良い感じだ。席数は102人と少ないが、ちょうど良いだろう。

 上映前に係員の女性が、ひざ掛けやクッションを配っていて、小劇場ゆえの素敵なサービスだと上映前から心が温まった感じだった。今流行りのシネコンの無機質なサービスとは対極と言える。映画が始まり、一番前の席の人達の歓声と拍手が聴こえ、スタートの「シー・ラヴズ・ユー」から盛り上がっていた。

 映画もいよいよ最後だ。一番観たかったシェア(シェイ?)スタジアムでのライヴフィルムが始まった。本物のライヴを観られた人に嫉妬するほどビートルズの歌と演奏は気合が入っていた。一番素晴らしい演奏は、「ディジー・ミス・リジー」のジョン・レノンだろう。

 ジョンの歌と特にギターが印象に残った。単純なリフだが、あのグルーヴ感はジョンだからこそだろう。ビートルズを聴き始めて40年以上過ぎているが、ジョン・レノンのギターがここまで素晴らしいと感じたことは無かった。

 やっぱり1965年位までのビートルズは、ジョン・レノンがバンドの大黒柱だったと再認識した次第だ。このフィルムを観る限り、ポールはジョンの足元にすら及ばない。エンディングの「アイム・ダウン」は、ポールの曲だが、ジョンのコーラスとパフォーマンスが、他のメンバーと比べてもずば抜けている。


ポールのパネル

 映画が終わり、ロビーに出てみると、壁面に飾ってあったビートルズのパネルを無料で配ってくれるとのこと。最後まで待って良かった。ジャンケン大会が始めり、勝った人達から好きなパネルをもらうことができた。友人と二人で観に行ったので、友人の分も含めて2枚ゲットした。


メンバー全員が写っているパネル

 またこの横浜シネマリンに行きたくなった。現在失っている温かい何かを感じる小劇場だ。この駄ブログを読んでくれた数少ない方々も、もし、横浜市内に行くことがあれば、この小劇場に寄って欲しいと心底思う。


アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




横浜シネマリンツイッター
横浜シネマリン公式サイト
EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years

<公務員の飲酒運転>「原則懲戒免職」緩和の動き

<公務員の飲酒運転>「原則懲戒免職」緩和の動き

 


 飲酒運転した公務員を事故の有無にかかわらず「原則懲戒免職」としていた全国29自治体のうち、計10府県市が処分基準を見直すか、見直しを検討していることが毎日新聞の調べで分かった。06年8月に福岡市職員の飲酒運転で幼児3人が死亡した事故をきっかけに処分の厳罰化が広がったが、09年以降、「過酷だ」として免職を取り消した判決が最高裁で相次いで確定。厳罰化の流れに変化が生じている。

 基準が厳罰化された後、職員側が免職の取り消しを求めて各地で提訴していた。09年9月に兵庫県加西市の上告が棄却され、自治体敗訴が最高裁で初めて確定。その後、神戸市、佐賀県、三重県の敗訴が確定した。

 毎日新聞は5月までに、この4県市と、都道府県、政令指定市のうち、「原則懲戒免職」基準がある25府県市に司法判断の影響をアンケートした。回答によると、基準を「免職または停職」と緩やかに改めたのは、大阪府と、最高裁で敗訴した加西市。大阪府は「飲酒運転には厳正に対処すべきだが、最高裁の判断は尊重すべきだ」と指摘する。

 神戸市は検挙のみの場合などは「停職」とする新たな運用方針を定めた。市人事委員会は一連の司法判断を踏まえ、飲酒運転で横転事故を起こすなどした2人の懲戒免職を停職6カ月に軽減した。




 

 
おいおい!呆れたね。

飲酒運転がどれだけ危険なことか!

人を殺さなければ刑を軽くするのか?

結果オーライかい?

「処分が過酷」だって?

甘えるんじゃねぇよ。

飲酒運転するなら人生をかけてみろ!

飲酒運転で人生に終止符を打たれた人はどうなる?

公務員って良いなあ、良い身分だよ

裏で組合の圧力もあるに違いない

自治労、全労連、自治労連に尋ねてみたいわ

 




アクセス解析AX


にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村 政治ブログ 議員応援・議員批判へにほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ 


Syoroomの読書部屋

テーマ : 社会問題
ジャンル : ニュース

迷惑な工場 日本カーリット 横浜の化学工場で爆発

迷惑な工場 日本カーリット 横浜の化学工場で爆発






以下、ニュースより

 1月7日午後5時45分頃、横浜市金沢区福浦の化学製品製造会社「日本カーリット」の工場で爆発があり、敷地内の施設8棟が全焼した。

 工場内にいた従業員15人のうち男性6人が軽傷を負ったほか、付近を通った乗用車のフロントガラスが割れ、運転していた神奈川県横須賀市の男性(34)ら2人が軽傷。

 神奈川県警金沢署によると、工場では過塩素酸などを製造していた。爆発は、有機合成を行う高圧釜(オートクレーブ)を稼働させていた1棟で発生したという。

 約50メートル離れたおむつ製造工場の男性従業員(40)は「ドカンというものすごい音がした後、少し間を置いて小さな爆発音がした。外に出たら工場から火柱があがっていた」と話した。100メートルほど離れた場所にいた男性(27)は、20~30メートルの火柱を見たという。

 約200メートル離れた工場では爆風で窓ガラス十数枚が割れ、植え込みには、吹き飛んできた鉄製の階段が黒く焦げてねじ曲がるようにして落ちていた。

 事故のあった工場では、吸収合併前の関東高圧化学時代の2008年4月7日にも、従業員2人が死傷する爆発事故が発生。09年12月16日、県警は当時の工場長(58)ら3人を業務上過失致死傷容疑などで書類送検している。




迷惑な工場 日本カーリット

一昨年も爆発事故を起こし

死傷者を出して

近隣の会社や工場に迷惑をかけ

2年も経たないうちに大爆発事故

生きた心地がしなかったぞ!こら!

おかげで窓ガラスが何枚も粉々になり

その片付けで無駄な時間を使わせやがって!

ガラス片で指も切ってしまった

こんな迷惑な工場、つぶしちまえ!




直撃は避けられたが、鉄階段が吹っ飛んできた







 


アクセス解析AX


にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





関東高圧化学
日本カーリット株式会社


テーマ : 地域のニュース
ジャンル : ニュース

悪趣味極まりない番組

悪趣味極まりない番組






かのTBS制作だ







よく元カノの歌をニコニコして歌えるな







おいおい!詞の一部は華原もかかわっていると当時言ってたぞ!



 昨日の記事
で、「I'm proud」を紹介したばかりだが、その時にこの悪趣味極まりないバカ番組を思い出した。しかし、正月早々見てしまった小生は非常に不愉快だった。同じように思った人も多いのではないか?

 T.Kも「自分の曲ですから」っておちゃらけているし、その妻もニコニコして歌っていた。その神経理解不能。「自分の曲」、それはそうだろう。印税もがっぽり稼いだろう。

 「自分の曲」なら何しても良いのだろうか?その前に「人の道」ではないだろうか?優れた旋律もそれを表現できる歌い手がいたからこそ、大衆の支持を得たのではないだろうか? T.Kはそれを忘れている。

 それに番組の司会者や出演者のカルト婆さん、全員下品だ。番組を制作したプロデューサーもロクな野郎ではないことは確かだ。


 



にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




【69】blog six/nine
華原朋美が・・・ - Yahoo!知恵袋
M.E.C.H.A Blog* 華原朋美が何回も見ちゃう番組とは…
痛いニュース(ノ∀`)

テーマ : テレビなんでも
ジャンル : テレビ・ラジオ

自己紹介 09

自己紹介 09






自己紹介 08から続き






 この駄ブログは、音楽や映画の記事だけではなく、かなり政治的なことも記事にしています。表現もきつい部分があるかもしれません。人によっては過激な表現と捉えてしまうかもしれません。

 しかし、これは小生の主張です。それを知らず表面上の記事だけでリンクを希望し、政治的な記事を読んで、後からリンクを切らしてもらうというブロガーもいます。まずは、小生のブログの過去記事をある程度読んでからリンクの申請をお願いします。









にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ






自己紹介 08

自己紹介 08






自己紹介 07から続き






 理由はよく分かりませんが、何故か携帯ユーザーからのコメント投稿が、できたりできなかったりで困ってます。この駄ブログを読んでる方々で、もし、パソコンから読むこともできるのなら、そちらからをお勧めします。





にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ





自己紹介 07

自己紹介 07






自己紹介 06から続き






 「リンクがないトラックバックを受け付けない」という設定に変更しました。こちらからトラックバックを送る場合、必ずトラックバック先を記事に記載(リンクする)します。

 この駄ブログにトラックバックする場合、お手数で恐縮ですが、先にリンクしてからでない反映されませんので、ご承知下さい。





にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ




自己紹介 06

自己紹介 06






自己紹介 05から続き






 エロコメントは即削除し、IPアドレスを公開します。発信元が分かれば、悪質な場合、プロパイダに通報します。



自己紹介 07へ続く





にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ


自己紹介 05

自己紹介 05






自己紹介 04から続き






 記事と関係ないトラックバックは削除させていただきます。



自己紹介 06へ続く




にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ


自己紹介 04

自己紹介 04






自己紹介 03から続き





アドレスは下
   ↓
湘南のJOHN LENNON



 嫌がらせのTBやしつこい論争・ストーカーのような揚げ足取りの屁理屈等のTBとコメントは即削除し、虫かご行きとします。


 ひどい場合は該当プロバイダに通報します。ご了承のうえでコメントしていただければ幸いです。


 ブラウザはFireFoxに最適化してるので、IE等で見た場合、崩れて見えます。FireFoxで見た方が良いかもしれません。




自己紹介 05へ続く








にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ


自己紹介 03

自己紹介 03






自己紹介 02から続き







使用PC:自作機

モニター:21インチ(CRT)+19インチ(液晶) デュアルディスプレイ(2台は便利なのでお勧め)

CPU:Intel Pentium4  2.60CGHz (Northwood) FSB800 HTT

マザーボード:ASUS P4P800 SE (Socket478)
メモリー:DDR400 2048MB

起動ドライブはSCSI は止めた。15,000rpmの魅力は大きいが・・・。

しかし、もう何世代か前のスペックだ・・・。
デュアルコアが欲しい・・・・。



自己紹介 04へ続く





にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ


自己紹介 02

自己紹介 02






自己紹介 01から続き






趣味:自作PC、CD集め、ハーブを育てること

音楽国内:佐野元春、原田真二、水木一郎、沢田研二
       松田聖子、MY LITTLE LOVER、MIQ、1996年以前のミスチル
      

音楽海外:ジョージ・マイケル、ジュリアン・レノン
       ピーター・アンド・ゴードン、ベイ・シティ・ローラーズ
      
俳優:マイケル・J・フォックス、ジョニー・デップ

女優:鶴田真由、高木美保

作家:石原慎太郎、佐々淳行、田母神 俊雄

好きなクルマ:トヨタ2000GT、ハコスカGT-R(KPGC10)、BMW E46

嫌いなもの:韓国ドラマ、パチンコ、パチスロ、タバコ、納豆
        反日特定第三国人



自己紹介 03へ続く






にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ


自己紹介 01

自己紹介 01







名前:湘南のJOHN LENNON
年齢:不詳
出身:神奈川県
住所:神奈川県
性別:男
職業:不詳




自己紹介 02へ続く





アクセス解析AX
 

にほんブログ村 音楽ブログへにほんブログ村 趣味ブログへにほんブログ村 ニュースブログへブログランキング・にほんブログ村へ


Tags:  
プロフィール

湘南のJOHN LENNON

Author:湘南のJOHN LENNON
政治ネタなどに特化したブログですが、評論家ではありません。感情にまかせて右脳で書きます!

Twitter
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも一覧

正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

FUNATIC AIRLINES Blog

日本再生

自衛隊を応援する市民の会

THE KENJI HEARTS~すべてはALRIGHT~TURBO

きのせみかの大和撫子な生活

日本が好きなだけなんだよ

まんまる通信2

【水間条項ー国益最前線ジャーナリスト水間政憲のブログです。】

大和心を語るねずさんのひとりごと

Walk On The Backstreets

博士の独り言

ねぇ知ってたぁ?

猫之助 今日ものりのり (^o^)v
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
FC2カウンター